BS-TBS「〜癒・笑・涙・夢〜夕焼け酒場」 毎週土曜よる6:00〜6:30 BS-TBS 2017/3/25放送 #137 上野 れんこん

茹でればねっとり輪切りはシャキシャキれんこんの多彩な表情を引き出す専門店
母から引き継いだ店を人気店に

数え切れないほどの飲食店が立ち並ぶ、上野中通り商店街。酒場の激戦区・上野にあって、男性のみならず、女性に高い人気を誇る「れんこん」が、今回の酒場。お店を切り盛りするのは、母から暖簾を受け継いで3年になる2代目のご主人、菅谷潤さん。まずは母の桂子さんも加わって、焼酎ハイボールで乾杯! この店の人気の秘密は、独創的で多種多様な“れんこん料理”が味わえること。早速、最初のおすすめ料理「からしれんこん」をいただくことに。白いれんこんに、色鮮やかなからし。「れんこんが大きいね。うん、おいしい。これは何にもつけずに食べるといいね」、「食感がシャキシャキ、いいですね」と、きたろうさんと西島さん。ご主人によると「お味噌ですとか、おからとか、いろいろブレンドして、ちょっと辛さを控えめにしています」とのこと。

もともと、上野に酒場を開業したのは、母・桂子さんの父だった。平成10年、父から店を受け継いだ桂子さんは、建物を建て替える際に、店名を「れんこん」と改名した。「うちの母親がよく“ん”が屋号につくと、“運”がつくと言っていたんですよ。で、“れんこん”だと“ん”がふたつ付くじゃないですか。それに後付けの理由ですが、不忍池のハスの花も有名だし、ちょうどいいかなって」と桂子さん。実はこの店、れんこん料理を出すから、この屋号になったのではなく、この屋号になったから、れんこん料理を出すようになったのだ。「最初は、れんこん料理がほとんどなくて、なんとかしなくちゃと思って、息子が入ってからいろいろメニューを考えていったんです」という。そうして増えたメニューが受けて、店は大繁盛。まさにれんこんが、運を呼んでくれたのだ。

しっかり手間をかけた、れんこん料理が約20種

「次は、れんこんのちょっと違う表情を」と、ご主人が出してくれたのは「れんこんのふろふき風 そぼろあん掛け」。「これは珍しい。いやー、まるでふろふき大根みたいだ」と、見た目できたろうさんを驚かせるが、ひとくち食べて、今度はその柔らかさに驚くことに。きたろうさんが「糸がすごく引くんですよ。この糸が強い。で美味しい。糸引く味という感じだね」と言うと、「それを言うなら、後引く味ですね」と突っ込む西島さん。いやいや、この店では“糸引く味”の方が相応しい。

れんこん料理はまだ続く。次は擦ったれんこんを使った「れんこんと帆立の蒸ししんじょう」。シュウマイの皮の細切りをまとい、中身は擦ったれんこんと帆立が入っている。れんこんと言われなければ分からないほどの仕上がりだが、時折れんこんのシャキシャキが感じられ、それがまた良し。続いては店のオープン時から出している、定番の「れんこんと海老のはさみ揚げ」が登場。アツアツを頬張ると、その食感と紫蘇の香りがベストマッチ。煮る、焼く、蒸す、揚げる……。さらには違う素材と組み合わせ、一品ごとにれんこんは全く違う表情を見せる。「れんこんのカナッペ」「れんこんニョッキ クリームソース」「フライドレンコン 磯部風味」などなど、れんこんメニューは今や20種にものぼる。れんこんは、化学肥料を使わず、丹精込めて育てる茨城県の農家「山口ファーム」から、週に3回届く。その山口ファームの代表は、月に一度は店を訪れ、れんこん料理を食べるお客さんの満足そうな顔を見て、幸せを実感すると言う。

最後の一品は「れんこんおこげ」。お米とれんこんを潰したうえで、カリッと揚げ、さらにかにの餡をかけるという、手間のかかった一品。「中華風になりましたね。れんこんの印象が変わる!」という西島さんと、「天ぷらとはまた全然違う。これはこれでうまいね」と、きたろうさん。ここまでずっと、れんこんづくしだが、まるで飽きさせない。れんこんのネバネバにはムチンという成分が含まれていて、胃の粘膜を強化するという。体に良くて、おいしくて、料理の幅が広い。女性のお客さんが多いのも納得だ。

れんこんの流儀
その壱
まずは定番料理 からしれんこんを食すべし!
味噌とおからを混ぜ合わせたからしを、れんこんの穴に詰めた熊本の郷土料理。辛さは少し控えめ。からしれんこん560円(税込)
その弐
じっくり煮込んで柔らかいれんこんのふろふき風を食すべし!
たっぷり5時間以上かけて作るれんこんは、驚くほど柔らかい。れんこんのふろふき風 そぼろあん掛け740円(税込)
その参
れんこんを細かく擦り下ろした蒸ししんじょうを食すべし!
れんこんの新たな魅力が詰まった、しゅうまい風の一品。れんこんと帆立の蒸ししんじょう690円(税込)
その四
開業時からの人気メニュー れんこんと海老のはさみ揚げを食すべし!
定番のはさみ揚げは、シソの香りがアクセントに。アツアツがたまらない。れんこんと海老のはさみ揚げ880円(税込)
その伍
必ずお店オリジナルれんこんおこげを食すべし!
細かくしたれんこんと、お米を混ぜ合わせ、弱火で15分ほどじっくりと揚げる。れんこんおこげのかにあんかけ780円(税込)
きたろうさんから、れんこんへ贈る「愛の叫び」れんこんは糸を引く、味は後引く———きたろう
「上野 れんこん」
住所
電話
営業時間



定休日
東京都台東区上野4-9-1
03-3831-5100
月〜木曜  17:00〜23:00、
金曜    17:00〜23:30、
土曜    16:00〜23:30、
日曜・祝日 16:00〜23:00
無休
  • ※ 掲載情報は番組放送時の内容となります。

ページトップへ